ドゥルルン滞在記

年中お花見、クールガイ。

爆走!カブ旅行 1日目

f:id:yanyoko0924:20170401114100j:imagef:id:yanyoko0924:20170401114104j:imagef:id:yanyoko0924:20170401114108j:imagef:id:yanyoko0924:20170401114126j:imageおはようございます、朝日が目にしみるヨコヤマです。現在時刻は3/16の7時40分、神奈川県の江ノ島にやって参りました。

 

f:id:yanyoko0924:20170401114133j:imageいよいよ始まったカブ旅行、初日の本日は、江ノ島から小田原・箱根を越えて静岡県に入り、清水・焼津を通過して、先端の御前崎まで向かう強行軍です。

そして、今日の予定走行距離はおよそ189kmと、全行程の中で最も長い距離です。

f:id:yanyoko0924:20170401114140j:imageただ、初日から大変良いお天気に恵まれたので、気分は上々です!がんばります!

…もちろん、一人ですよ?

 

 

 

 

1.レッツゴー&バイバイ神奈川

f:id:yanyoko0924:20170401114143j:image江ノ島を出て、R134で海沿いを走ります。朝イチなのでそこまでクルマも多くなく、快調に走り続けます。

途中でR1に合流すると

f:id:yanyoko0924:20170401114148j:image松並木が見えてきました。なんとなく「小田原感」が出てきましたね。

 

ところで、小田原といえば小田原城が有名だと思いますが、奇遇にも道路沿いに

f:id:yanyoko0924:20170401114154j:image小田原城っぽいういろう屋さんがあったので、こちらで「小田原感」を堪能して頂ければ幸いです。

 

 

f:id:yanyoko0924:20170401114200j:imageさて、ういろう屋さんを横目に走ると、沼津 箱根の文字が見えてきました。

しばらく行くと、

f:id:yanyoko0924:20170401114207j:image箱根湯本だ〜♨︎

出来ればお湯に浸かってゆっくり休んで、

さらにいえばそのままUターンして帰れば良かったのですが、

すでに6泊分の宿を押さえてしまっているのでそうもできず、ひた走ります。

 

その後も、

f:id:yanyoko0924:20170401114212j:image箱根の峠道をグルグル走り回り、

f:id:yanyoko0924:20170401114219j:image雪の残っているR1最高地点を通過すると、

f:id:yanyoko0924:20170401114227j:image箱根駅伝の往路ゴールである、芦ノ湖にたどり着きました。ここでコーヒーブレイクです。

 

なぜかというと、単純に、メチャクチャ寒かったからです。

 

f:id:yanyoko0924:20170401114233j:imageそこからしばらく走ると、静岡県に突入しました!さよなら神奈川県!

 

 

 

 

 

2.静岡の三大癒しスポット

f:id:yanyoko0924:20170401114239j:imageさて、静岡に入りましたが、皆さまは静岡に、たくさんの癒しスポットがあることをご存知でしょうか?

そこで、今から僕が見つけた静岡癒しスポットを、3つ紹介したいと思います!

 

 

山を下ってしばらく行くと、

f:id:yanyoko0924:20170401114246j:image一つ目の静岡癒しスポット、沼津柿田川公園にたどり着きました。

ここは、富士山のキレイな雪解け水が大量に湧いて出てくる、静岡屈指の癒しスポットです。

f:id:yanyoko0924:20170401114253j:imageこのような透き通った水を見ていると、ココロまで透き通ってくるようです。

ただ、残念ながら水をいくら見ていても今日の目的地までの距離は縮まらないので、そそくさと公園を後にします。でも、とても癒されました!

 

さて、ここからは道もだんだんと

f:id:yanyoko0924:20170401114258j:image大きなトラックが走るような、緊張感のある道になってきました。

また、大きな道ゆえ、駐停車禁止の道もだんだんと増えてきて、写真もなかなか撮れなくなってきました。

これは、NOT癒しです。

 

 

なので、気合を入れて2時間ほどぶっ続けて走り、

f:id:yanyoko0924:20170401114307j:image二つ目の癒しスポットがある、清水までやって参りました。ここは清水マリンパークといい、様々な娯楽施設がある場所です。

 

施設の中には、

f:id:yanyoko0924:20170401114313j:imageやけに「癒しフード」(別名SUSHI)を感じさせるノレンが吊るされています。

 

そこで早速、そこにあったお寿司屋さんに入り、

f:id:yanyoko0924:20170401114320j:image海老天うどんを食べてしまいました。うどんという究極の癒しフードと、エビでさりげなく静岡をアピールするその手口に、完敗です。

 

 

 

 

さて、美味しいうどんを食べて少し行くと、三つ目の癒しスポット三保松原がありました。

三保松原といえば、富士山がとても綺麗に見えることで有名な松林で、2013年に「世界癒し遺産」にも登録された場所でもあります。

そこで海辺に出てみると、

 

 

 

f:id:yanyoko0924:20170401114325j:image癒されるぅ〜!

 

 

 

f:id:yanyoko0924:20170401114332j:imageといった素晴らしい写真とともに、

f:id:yanyoko0924:20170401114339j:image曇りまくっててひとつも見えない富士山が見えました。

人生、そうは上手くいかないものです。

 

f:id:yanyoko0924:20170401114347j:imageだんだん日も傾いてきたので、先を急ぎます!それにしてもこのヨコヤマ、静岡に癒されてばかりです。

 

 

 

 

3.静岡でレキシを学ぶ

ところで、皆さまは歴史の教科書で、登呂(とろ)遺跡という文字を見たことがありますか?

どうやら御前崎までの途中にあるらしいので、寄ってみることにしました。

f:id:yanyoko0924:20170401114353j:image駐車場があるほどの立派な遺跡のようです。

しかし行ってみると…

f:id:yanyoko0924:20170401114401j:imageただの田んぼが広がっていました。なんじゃこりゃ。

f:id:yanyoko0924:20170401114409j:image一応、高床式倉庫などの歴史的な建物たちが建てられていましたが、

f:id:yanyoko0924:20170401114416j:image子供達の遊び場として機能していました。それはそれで良いのかもしれません。

なお、僕の歴史の成績は3(10段階中)だったので、やっぱり僕の寄るべき場所では無かったようです。

しかし、今後も寄り道していく名所には、必ずと言っていいほど歴史が関わってくるので、この旅で少しでも賢くなれたら嬉しいですね。

 

 

f:id:yanyoko0924:20170401114422j:imageさて、やっと今日のゴール地点、御前崎の文字が見えてきました。もう日も沈みかけです。

f:id:yanyoko0924:20170401114429j:image特に気をつけて、安全運転で向かいます。

そして…

 

 

 

f:id:yanyoko0924:20170401114436j:imageゴール!

18時40分、御前崎若竹荘(1泊1500円)に無事到着しました!

結局、この日の走行距離は206.3kmと、初日からたっぷり走ってしまいました。

初日の疲れをしっかり取って、また明日からに備えようと思います!

 

 

 

 

 

f:id:yanyoko0924:20170401114443j:image突然の手作り画像ですみません。

今回の旅行中、綺麗な橋を見かけることがたくさんあったので、毎日の終わりに良かった橋をピックアップしていこうと思います。

 

きょうの橋はこちら。

f:id:yanyoko0924:20170401114513j:image三島スカイウォークです。

 

f:id:yanyoko0924:20170401114449j:image芦ノ湖から柿田川公園の間にあった橋で、歩行者専用としては日本一長い吊り橋です。

 

f:id:yanyoko0924:20170401114528j:image2015年に出来たばかりだけあって、とてもキレイな橋でした!

 

ただ、

f:id:yanyoko0924:20170401114534j:image中央付近はメチャクチャに揺れるので、高所恐怖症か吊り橋恐怖症のひとはお気をつけください。

 

 

2日目に続く

「おしゃれカフェin?」の巻+いくつか

f:id:yanyoko0924:20170311142129j:imagef:id:yanyoko0924:20170311142132j:imagef:id:yanyoko0924:20170311142458j:imagef:id:yanyoko0924:20170311142137j:image皆さまこんにちは。ドヤ顔で失礼します、ヨコヤマです。

今回は自転車と椅子のある街、筑西市のJR下館駅にやってきました。

地理に詳しい皆さまなら、ここがどこか、ご存知ですよね?

 

 

 

 

 

 

下館駅のある筑西市は、

f:id:yanyoko0924:20170311142142j:image茨城県の西部に位置する、人口10万人ほどの茨城県内でも比較的大きな市です。なお、東京駅から電車で2時間かかる街でもあります。

そんな私たちに身近な筑西市ですが、皆さまは筑西市に、おしゃれなカフェがたくさんあることをご存知でしょうか? 

 

f:id:yanyoko0924:20170311142149j:imageおしゃれなカフェといえば、忙しい毎日を送る私たち現代人にとって、ひと時の安らぎを与えてくれる、止まり木のような存在です。

そして、そんなカフェが筑西市にはたくさんあると話題になっています。

 

インターネット上でも、

f:id:yanyoko0924:20170311145230j:imageこのようなまとめサイトが作られるほど、筑西市のおしゃれカフェ度数はとても高くなっています。

 

そこで今回は、お忙しい皆さまに代わって暇人の僕が、筑西市のおしゃれカフェを3軒、紹介していこうと思います!

 

 

※カフェ探しにあたっては、以下のサイトを参考にしました。

 

 

 

 

カフェ① ORANGE CAFE LOG

f:id:yanyoko0924:20170311142214j:image下館駅から徒歩5分のところにあるこちらのカフェ。スタイリッシュな外観からは、おしゃれカフェ度数を非常に強く感じます。

手作りにこだわったランチやコーヒーを楽しめるとのことで、期待感が高まっていきます。

 

 

 

しかしここで悲しい事件が…!

こちらのカフェ、コーヒーへの強いこだわりがあるため、コーヒー豆が切れてしまうと閉店時間が早まることがあるようです。

この日も大変賑わっていたようで、僕が到着した時にはコーヒー豆が切れてしまっていました。

f:id:yanyoko0924:20170311142216j:imageつまり、お店がもう閉まっていました。もう少し早く家を出ればよかった…!

ですが、筑西市には他にも素敵なカフェがたくさんあります!涙を飲んで、次のカフェに向かいます。

 

 

 

 

カフェ② 二葉じかん

f:id:yanyoko0924:20170311142219j:image次にやって来たのは下館駅からひと駅、下館二高駅の正面にあるこちらのカフェ。店内には明かりが点いており、ひとまず安心しました。

2階建ての店内は、1階はカウンター、2階はソファー席になっており、どちらも落ち着いた雰囲気です。

 

優しい笑顔の店員さんに2階へ案内されると、

f:id:yanyoko0924:20170311142223j:imageオシャレ〜!

大きな窓からは、正面の線路をのぞむことができます。

f:id:yanyoko0924:20170311142226j:imageやっと筑西のカフェにたどり着けた喜びから、「じかんブレンドコーヒー」ベイクドチーズケーキを注文しました。

 

すると、

f:id:yanyoko0924:20170311142233j:imageオ、

f:id:yanyoko0924:20170311142237j:imageオ、

f:id:yanyoko0924:20170311155349j:imageオシャレだ〜!

最低レベルの食レポで申し訳ありません。

ただ、コーヒーはスッキリとしていて飲みやすく、ケーキはチーズがとても濃厚で、本当に美味しかったです。

 

そしてなにより、

f:id:yanyoko0924:20170311142240j:imageそれらを味わいながらゆっくりと過ごす時間は、極の極上でした。僕もつい、時が経つのを忘れて、のんびりしてしまいました。

  

 

 

 

カフェ③ Souts Kutte (スーツ・クッテ)

f:id:yanyoko0924:20170311142245j:imagef:id:yanyoko0924:20170311142249j:image(お客様各位 二月一日より暫くの間、夜の営業はお休み致します。 ランチは営業して居ります。 店主)

f:id:yanyoko0924:20170311142252j:imageまたもや、やってしまいました。

二葉じかんでゆっくりしすぎたのもありましたが、まさか、夜の営業をお休みしているとは思いませんでした。(到着した時、普通の民家に着いてしまったのかと思ったほどです)

 

結果、筑西カフェは1勝2敗という残念な結果になってしまいました。泣きそうです。

 

 

 

 

〜まとめ〜

f:id:yanyoko0924:20170311162929j:imageいかがだったでしょうか。

結果的にはひとつのお店しか訪れることができませんでしたが、筑西市のおしゃれカフェの魅力を感じていただければ幸いです。というか、むしろ、頑張って感じてください。

 

皆様におかれましては、おしゃれカフェで時が経つのを忘れると同時に、ちゃんと閉店時間に間に合うように時間を確認してみるといいと思われます。

 

 

 

 

f:id:yanyoko0924:20170311142256j:imageおわり。

 

 

 

 

<オマケ>

f:id:yanyoko0924:20170311165054j:image(カフェの記事なのに、あまりにもカフェの内容が少ないので、筑西から家までの帰り道レポをしたいと思います。)

 

はじめにも書いたように、電車でいけば2時間で行ける筑西ですが、僕はアタマが悪いので、

f:id:yanyoko0924:20170311163909j:image原付で6時間かけて行ってしまいました。

帰り道にあった見所をいくつか、拾っていこうと思います。

 

1.中央公園(つくば)

f:id:yanyoko0924:20170311163923j:imageはじめに、つくば市つくば駅正面にある、

f:id:yanyoko0924:20170311164106j:image「中央公園」です。

 

f:id:yanyoko0924:20170311142329j:imageここには、ノーベル賞受賞者を多く輩出している筑波大学の近くにあるだけあって、受賞者の銅像がいくつも立っています。

例えば、

f:id:yanyoko0924:20170311142333j:imageスマホをいじっている男性や、

f:id:yanyoko0924:20170311142337j:image小股に歩いてトイレを探す男性

f:id:yanyoko0924:20170311142343j:imagef:id:yanyoko0924:20170311142347j:image揉みたがりな男性がいました。

どれも普段の僕そのものなので、いつか僕も受賞できるかもしれません。

 

 

 

2.牛久沼(龍ヶ崎市

f:id:yanyoko0924:20170311142351j:image原付で走っていると、大きな池がありました。

f:id:yanyoko0924:20170311142357j:image名前を「牛久沼」というらしく、この看板の通り、野鳥が集まるようです。

 

すると、

f:id:yanyoko0924:20170311142401j:image

f:id:yanyoko0924:20170311142407j:image

f:id:yanyoko0924:20170311142039g:plain野鳥だ〜!

f:id:yanyoko0924:20170311142416j:imageやっぱりいました、野鳥です。(最近、なんだか動物ばっかアップしてますね)

 

f:id:yanyoko0924:20170311142421j:image近くに寄っても全く逃げないので、野鳥と触れ合いたい人は行ってみてはどうでしょうか。僕はもう結構です。

 

 

 

他にも、

f:id:yanyoko0924:20170311142434j:imageステキな名前の交差点や、

f:id:yanyoko0924:20170311142439j:imageめちゃデカイカップ麺があったりしました。

こういう謎スポットに出会えるので、原付旅行は楽しいです!皆さまも良かったら、試してみて下さいね!

 

 

 

 

<予告>

f:id:yanyoko0924:20170311142444j:image実は来週以降、この原付で1週間ほど大きな旅行に行ってきます!

この旅行もぜひレポートしたいと思いますが、現地で更新するか、帰ってきてから全部まとめて更新するか、まだ決めていません。

 

なので、場合によっては2週間ほど間が空きますが、お気になさらずに!!無事故無違反で無事に帰ってきたいです!

 

 

  

それでは、さようなら。

「春休みダイジェスト」の巻

f:id:yanyoko0924:20170301144500j:imagef:id:yanyoko0924:20170301144502j:imagef:id:yanyoko0924:20170301144506j:imagef:id:yanyoko0924:20170301144509j:image

世界100億人の萌ファンの皆さまこんにちは、ヨコヤマです。

お久しぶりの更新となってしまいました。

 

というのも、ここ2週間ほど、様々なイベント(という名目の遊び)が立て続けにあり、なかなか更新できるタイミングがありませんでした!

 

というわけで今回は、ここ最近の出来事をダイジェストにしたいと思います!

 

 

 

 

1.千葉の銚子に行ってきました!

はじめに行ってきたのは千葉県の銚子です。

千葉県といえば、「某テーマパークがあるだけの田舎」といったイメージを皆さまはお持ちだと思いますが、そんな千葉県でもここ銚子は、大変魅力溢れる街でした!

f:id:yanyoko0924:20170301144509j:image冒頭にも載せましたこちらの写真は、銚子電気鉄道の萌キャラ外川つくしちゃん」です。カワイイですね。

 

また、日の出スポットとして有名な犬吠埼には、白い灯台のそばに、

f:id:yanyoko0924:20170301144516j:image珍しい白いポストがありました。(写真はこちらのサイト様より)

ポストの前には「郵便は世界を結ぶ」と文字が彫られており、海外の親戚にそろそろ手紙を出そうかな、と思いました。(そんな親戚はいません)

本当にとてもステキな場所だったので、

f:id:yanyoko0924:20170301144520j:image写真を撮ってもらいました。この撮影者の写真センスはゼロです。

  

以上、銚子の魅力が伝われば幸いです。

 

 

 

 

2.スノボに行ってきました!

寒くて家に閉じこもりがちになる冬、そんな時期だからこそできるスポーツといえば、

f:id:yanyoko0924:20170301153825j:imageスノーボードです。

 

真っ白な雪面を縦横無尽に滑れば気分爽快、かつその様はとてもカッコよいので、このブログ用にも、

f:id:yanyoko0924:20170301154037j:imagef:id:yanyoko0924:20170301154045j:imageこのような写真を撮ってもらうつもりでした。

 

ですが、一緒に行った人々が僕を含め全員初心者だったため、

 

f:id:yanyoko0924:20170301144747g:plain

雪面の半分を顔で隠す自撮り動画しか、撮影できませんでした。すみません。

でも、楽しかったです!

 

 

 

 

3.バイクのメンテナンスをしました!

春休みといえば、新年度に向けて準備を進める時期でもあります。そこで僕は、いつもお世話になっているバイクのお手入れをしました。

タイヤにしっかり空気を入れたり、チェーンに油を注したりしました。

また、

f:id:yanyoko0924:20170301155711j:imageテールランプが切れかかっていたので、電球を交換しようと

f:id:yanyoko0924:20170301144527j:imageネットで型番をちゃんと調べて買ってきたのですが、

f:id:yanyoko0924:20170301144534j:imageカバーを開けてみると、

f:id:yanyoko0924:20170301144537j:image差込口が全然違うものを買ってきてしまいました。インターネットは当分信じません。(買う前に開けて確認すれば良かっただけ)

結局、もう一回ホームセンターに行って正しいものを買ってきました。

ただ、普段できないメンテナンスをすると、とても気持ちよかったです!

 

なお、最後にサイドミラーを拭こうとしたら

f:id:yanyoko0924:20170301144541j:imageポキッ

f:id:yanyoko0924:20170301144544j:image左のサイドミラーが折れてしまいました。

f:id:yanyoko0924:20170301144548j:imageこれは本気で怒っている時の僕の顔です。

 

 

 

 

4.まとめ

いかがだったでしょうか。学生の僕は春休みが特に長かったので、非常に満喫してしまいました。

皆さまにおかれましては、だんだんと暖かくなってきたのでどこかへお出かけしてみてみたり、なかなかお休みが取れない方も春からの準備をしてみてはいかがでしょうか?

いずれにしても、いい春休みをお過ごし下さい!

 

 

 

なお、書き忘れていたのですが、春は別れの季節ということで、僕が所属しているサークルの追い出しコンパ(通称:追いコン)に参加してきました。

 

そこでは追い出される4年生が、壇上にひとりひとり上って、プレゼントを渡されるのですが、

 

 

 

f:id:yanyoko0924:20170301144551j:image僕は違った意味で、

 

 

 

f:id:yanyoko0924:20170301144554j:image会場を追い出されてしまいました。

皆さまも追いコンと風邪にはお気をつけ下さい。

 

 

f:id:yanyoko0924:20170301144558j:imageそれでは皆さま、さようなら。

「パンダが見たい」の巻 <後半>

前半はこちら

 

<前半のあらすじ>

パンダを見るために上野動物園にやって来たヨコヤマ一行。様々な動物と出会いココロを豊かにさせていく。メインディッシュのパンダを最後に見るようなルート設計をしたが…?

 

続いて、電車を降りると爬虫類館に到着しました。入った途端、高い室温と湿度に驚きました。そこには

f:id:yanyoko0924:20170217134756j:imageずんぐりしたオオサンショウウオや、

f:id:yanyoko0924:20170217154307j:image手足がかわいいイグアナ

f:id:yanyoko0924:20170217134802j:imageなんかめっちゃ毒のカエルや、

f:id:yanyoko0924:20170217134806j:imageデカいカメがいました。(すみません、全然名前覚えてません)でも可愛かったです。

 

次にサバンナゾーン。アフリカの大地をたくましく生きる動物たちが待っています。

例えば

f:id:yanyoko0924:20170217134821j:imagef:id:yanyoko0924:20170217134828j:imageでけー!

おおきなキリンに出会ったり、

 

f:id:yanyoko0924:20170217134833j:imagef:id:yanyoko0924:20170217155345j:imageでけー!

おおきくなったシマウマに出会いました。

 

f:id:yanyoko0924:20170217134838j:imageサバンナは開放的でした。パンツを履いてほしいです。

 

 

 

 

 

3.間に合う?

さてサバンナを通過した後から、少しずつ太陽は傾き、閉園時間が迫って来ました。また、冬の動物園はとても寒いので、閉園時間よりも前に動物たちが展示場所から離れてしまうこともあるそうです。

パンダを最後に持ってきてしまった不安がよぎる中、次に着いたのは北極ゾーン

f:id:yanyoko0924:20170217134844j:imageホッキョクグマ

f:id:yanyoko0924:20170217134850j:imageペンギン

f:id:yanyoko0924:20170217134855j:imageアシカがいました。気持ち良さそうです。

 

次に来たのはジャングルゾーン、閉園のアナウンスが流れ、嫌な予感…。

f:id:yanyoko0924:20170217134904j:imagef:id:yanyoko0924:20170217134911j:imagef:id:yanyoko0924:20170217134916j:imageはい、展示時間に間に合わず、トラはコンクリに、ゴリラは銅になってしまいました。最後の展示場、パンダの元へダッシュで向かいます。

 

 

 

 

あっ

f:id:yanyoko0924:20170217134920j:imageここだ…いるかな…。

 

 

 

 

 

 

f:id:yanyoko0924:20170217134926j:imageあっ

f:id:yanyoko0924:20170217134931j:imageあーッ

f:id:yanyoko0924:20170217134936j:imageアアアーッ!!

f:id:yanyoko0924:20170217161439j:imageアアアアーッッッ!!!

パンダいたいたーーーー!!!!

 

f:id:yanyoko0924:20170217163934j:imageなんですかこれ、 メチャメチャかわいいです。素朴に笹を食べるこの姿、癒しアニマル代表の称号を差し上げましょう。もう大人のパンダだったのでカラダは大きいですが、それでも可愛さが十分上回っています。

パンダ見れて良かった!ちなみに閉園15分前でした。

 

 

 

 

4.パンダはかわいい!

f:id:yanyoko0924:20170217134950j:imageいかがだったでしょうか。今回本当に久しぶりに動物園に行ったわけですが、思ったよりも随分楽しめて良かったです。というかメッチャ楽しかったです。

また、それまでの動物ニガテ意識みたいなものも少しは解消できたので良かったです。

入場料もひとり600円と、安く楽しめる場所だったので、ぜひ皆さまも行ってみて、生パンダを見てみて下さい!

 

ところでこの上野動物園、鳥類の種類も豊富で、このような

f:id:yanyoko0924:20170217135001j:imagef:id:yanyoko0924:20170217135006j:imagef:id:yanyoko0924:20170217135011j:image様々なトリに出会うこともできます。

 

ですので、

 

 

 

f:id:yanyoko0924:20170217135016j:imagef:id:yanyoko0924:20170217135020j:image僕たちのようなトリ大好き人間にも大変オススメです。トリプランとして行ってみるのもアリだと思います。

 

 

 

f:id:yanyoko0924:20170217135025j:imageなお、美味しいトリにだけ参加する不届き者もいました。袖をまくれよ。

彼女に上野動物園行ったことあるの??」と聞いたところ

 

 

 

「あ〜前に彼氏と♡」

 

 

 

と言っていました。

f:id:yanyoko0924:20170217135507j:image

 

 

動物好きの男性好みの女性からの連絡、お待ちしてます。

 

 

おわり。

「パンダが見たい」の巻 <前半>

※今回の記事は写真がとても多くなってしまったので、前半と後半に分けています。良ければ前半(コレ)からどうぞ!

 

f:id:yanyoko0924:20170217134344j:imagef:id:yanyoko0924:20170217134346j:imagef:id:yanyoko0924:20170217134349j:imagef:id:yanyoko0924:20170217134353j:image皆さまこんにちは、ヨコヤマです。

今日はJR上野駅にきています。

 

突然ですが、皆さまはパンダを生で見たことがありますか?

f:id:yanyoko0924:20170217134356j:image愛くるしいその姿から多くの人に愛されているパンダですが、テレビでは見たことがあっても、生で見たことのある人は少ないのではないでしょうか。

 

一方僕は、

f:id:yanyoko0924:20170217140631j:image色合いの似た飼い犬を除いてそもそも動物があまり得意ではないので、わざわざ動物園に行ってパンダを見に行ったこともありませんでした。

 

ですが、可愛いパンダは見に行きたい…。

というか、どっちかというと、動物に親しんでいる姿をアピールして異性からモテたい…!

 

というわけで今回は、動物ニガテを治すついでに、パンダを見に行こうと思います!

 

 

 

 

1.動物園に行こう

さて、パンダがいる動物園ということで、東京都の上野動物園に来ました。

そして、「パンダが見たい」と前日に言ったにも関わらず、来てくれる友人が見つかったので、しばしそこで待ちます。

 

ところでこの上野動物園、上野公園という大きな公園の一部にあるだけあって、周りには様々な暇つぶしスポットがありました。

f:id:yanyoko0924:20170217144517j:imageパンダ柄のポストや

f:id:yanyoko0924:20170217134408j:image上野公園のかわいいPRキャラクターうえのん

f:id:yanyoko0924:20170217142433j:image「考える人と、なんも考えてないカス」の像があったりと、珍しいものがたくさんあります。

 

また、こちらの

f:id:yanyoko0924:20170217134415j:image大きな広場では、

f:id:yanyoko0924:20170217134425j:image大道芸の人がショーをやっていたりして、飽きることがありません。

この時は

f:id:yanyoko0924:20170217134429j:imageバルーンアートで、

f:id:yanyoko0924:20170217134433j:imagef:id:yanyoko0924:20170217134436j:imagef:id:yanyoko0924:20170217134439j:imagef:id:yanyoko0924:20170217134443j:image「自称ピカチュウをつくっていました。似てなさすぎてメチャクチャ笑いました。

 

そうやってグルグル公園を歩いていたら

f:id:yanyoko0924:20170217134450j:image今回の参加者がやって来たので、早速動物園に向かいたいと思います。

 

左:「触れ合わない程度なら動物は好き」

右:「照れくさくて動物を可愛がれない

僕:「好きなものはコンピュータ

 

の3名でお送りします。人選間違えてますかね?

 

 

 

 

2.動物だ!

頭の悪いタイトルですみません、やっと入り口に来ました。

f:id:yanyoko0924:20170217134453j:image平日のお昼にも関わらず、たくさんのお客さんが来ています。

 

入場するときに買うチケットには一枚一枚違った動物が描かれていて、僕のチケットは

f:id:yanyoko0924:20170217134457j:imageサルでした。早くも頭の悪さを見透かされた気分です。

 

f:id:yanyoko0924:20170217134502j:image入場すると、可愛い親子パンダが出迎えてくれます。上野動物園はとても広いので、ここで園内をどう回るか作戦を練るとよいでしょう。

このとき僕たちはメインのパンダを最後にとっておくようなルートで回ることを決めたのですが、それがのちのち大変な事態につながるとは思いもしませんでした…!

 

さて、僕たちが最初に見つけた動物はこちら。

f:id:yanyoko0924:20170217134505j:imageシカゾーンです。周りには、

f:id:yanyoko0924:20170217134543j:image奈良を思わせるような五重の塔が建てられています。

ところで肝心なシカはというと、

f:id:yanyoko0924:20170217134549j:imagef:id:yanyoko0924:20170217134554j:imagef:id:yanyoko0924:20170217134557j:imageかろうじて確認できる程度でいました。今度はシカせんべいを持ってきてあげようと思います。

 

次は、

f:id:yanyoko0924:20170217134602j:imageやけにちびっ子が集まっています。何がいるんでしょうか。

f:id:yanyoko0924:20170217134632j:imageあっ♡

f:id:yanyoko0924:20170217134638j:imageかわいい〜♡

リスとプレーリードッグがいました。両方ともちょこまかと動いてはご飯を食べていました。

ずっと寝ているプレーリードッグを見て、参加者のどちららかが「こいつらヒマだな〜」と言っていましたが、「平日にひょっこりと遊びに来た僕たちが言えたことじゃないな〜」と思いました。

 

そのほかにもいろいろ見ていると何やら前方に駅のホームらしき建物が。

f:id:yanyoko0924:20170217134644j:imageそう、上野動物園には園内を電車が走っており広い敷地でもあまり疲れずに回ることができるのです。

電車は、

f:id:yanyoko0924:20170217134650j:image珍しいモノレールなのでぜひ皆さまも乗ってみてください。

また、車両は動物たちの可愛いイラストで覆われており、

f:id:yanyoko0924:20170217134656j:imagef:id:yanyoko0924:20170217134701j:image

野生を忘れて人間にニコニコ従うようになった動物園の動物たちをうまく表現していました。

ただ、

f:id:yanyoko0924:20170217134705j:imageこの緑のヘビだけは目が据わっているので下克上を狙っていると思われます。隣のダチョウには気をつけてもらいたいです。

 

後半へ続く

 

「自撮り棒の可能性を引き出してみた」の巻

f:id:yanyoko0924:20170208004348j:imagef:id:yanyoko0924:20170208004355j:imagef:id:yanyoko0924:20170208004358j:imagef:id:yanyoko0924:20170208004402j:imageこんにちは、最近髪のセットをサボりがちになってきたヨコヤマです。今日は室内から失礼します。

 

突然ですが皆さま、自撮り棒を使ったことはありますか?

 

自撮り棒といえば、棒の先にスマホなどを固定することで、遠くからの撮影を可能にした道具のこと。最近では自撮り棒のルールが場所によって決められているほど、私たちによく使われています。

 

一方僕は一緒に写真を撮る仲間もいないので、今まで自撮り棒を持っていませんでした。ですがこのブログ用に写真を撮る機会が増えたので、これを機に試してみることにしました。

 

そこで、

f:id:yanyoko0924:20170208004405j:image買ってきました。近所の電気屋さんに行ったら山積みになって売られていました。やはり時代は自撮り棒のようです。

 

また、

f:id:yanyoko0924:20170208004407j:imageこの伸び具合。高く遠いところから自分を撮ることができます。

 

実際に使ってみると

f:id:yanyoko0924:20170208004410j:imageご覧のように人間は肘のあたりまでフレームに入れることができ、また、部屋の様子も広々と撮ることができます。

先程の「ば」ペヤングソース焼きそば」の「ば」だと分かるようになりました。(この発見に一切意味はありません)

 

さて、上の写真はこのように

f:id:yanyoko0924:20170208011738j:image上部にスマホを挟んで撮影したわけですが、この単純でとても便利な道具を前にして、僕はこのように思いました。

 

「この自撮り棒、もっと便利な別の使い方があるんじゃないか?」

 

というわけで、今回は自撮り棒の持つ別の可能性を最大限に引き出したいと思います!自撮り棒をすでにお持ちの皆さまも、これから買う方も、参考にしてみて下さい!

 

 

  

Case.1 トイレ

f:id:yanyoko0924:20170208012638j:image人は誰しも、トイレに行きます。レオナルドダヴィンチも、アインシュタインも、エリザベス女王も、みな踏ん張ってきました。そんなトイレで起きるこんなトラブル…。

f:id:yanyoko0924:20170208004417j:imagef:id:yanyoko0924:20170208004421j:image「紙がな〜い!」

ありがちですよね。自宅だったらまだしも、外出先のトイレでこれが起きたら最悪!しかもポケットティッシュは持っていません!こんな事態にどうすればいいんだ…。

 

ん?隣の個室から…あれは!?

 

 

 

 

f:id:yanyoko0924:20170208004425j:imageトイレットペーパー棒だ〜〜〜!!!

f:id:yanyoko0924:20170208004429j:image

どうでしょう、このアイデア。この長さを生かして、隣の個室にいる迷える子羊を救います。

また、お互いに顔を見合わせることもないので、「トイレットペーパー切らした人だ…」とか「自撮り棒でトイレットペーパー入れてきた人だ…」と思われる心配もありません。

 

ただ、一つ難点を挙げるならば

f:id:yanyoko0924:20170208004432j:imageロールが自撮り棒でガッチリ固定されているので紙が取れないことでしょうか。

ですが、今のままでも十分機能していると言えるので高評価をあげたいと思います!

 

<トイレットペーパー棒:★★★★☆(星4つ)>

 

 

 

Case.2 人形

f:id:yanyoko0924:20170208004436j:image時には幼き頃に戻って、人形で遊びたくなる時もありますよね。また、中には寝る時に抱き枕として抱える人形もあると思います。しかしこの人形…。

 

 

f:id:yanyoko0924:20170208014408j:image動かねぇ〜!

いや、まあ動いたら動いたで怖いんですけど、あまりにもこれじゃ地味すぎるじゃありませんか。

こんな時に…!

 

 

 

 

f:id:yanyoko0924:20170208004439j:image人形遊び棒〜〜〜!!!

 

f:id:yanyoko0924:20170208003904g:plain

ジャンプジャンプー!

 

 

f:id:yanyoko0924:20170208003925g:plain

空をひとっ飛びー!

 

 

f:id:yanyoko0924:20170208003948g:plain

あ〜れ〜!

 

 

さて、説明は不要ですね。人形を自撮り棒で挟むことで、これまでにないアクロバティックな動きを演出できるようになります。これなら自分ひとりで遊ぶ時はもちろん、子どもと一緒に遊ぶ時もとても楽しそうです。

 

 

ただ、この使い方にも一つ難点が。

f:id:yanyoko0924:20170208004017g:plain動きが激しすぎると、外れてしまう可能性があります。これではひまわりのように満面の笑みを浮かべる赤ん坊も、一転して大泣きに。

少し厳しめに、この評価です!

 

<人形遊び棒:★★☆☆☆(星2つ)>

 

 

 

Case.3 ゲームのコントローラー

さて、だんだんとレベルアップしていきましょう。次に自撮り棒とコラボするのはこちら。

f:id:yanyoko0924:20170208004453j:imageゲームの(汚い)コントローラーです。はて、コントローラーはそもそも手で持って操作するもの。それに自撮り棒を組み合わせるとどうなるのでしょうか?

 

 

 

 

f:id:yanyoko0924:20170208004456j:image

f:id:yanyoko0924:20170208004459j:image届かねぇ〜〜〜!!!

最悪の結末が待っていました。これでは自撮り棒に挟む意味が全くありません。

せめて振り回す系のコントローラーだったら意味があったのでしょうか…。

 

 

……振り回す系!!

f:id:yanyoko0924:20170208004502j:image登場しました。Wiiのコントローラーです。これなら意味あるだろ!

 

 

 

f:id:yanyoko0924:20170208004506j:image人食い人種に捕まった探検隊みたいになってしまいました。どっちにしろ操作はできません。

 

<ゲームのコントローラー棒:★☆☆☆☆(星1つ)>

 

 

 

Case.4 くだもの

さて、最後に挑戦したいのはこちら

f:id:yanyoko0924:20170208004510j:imageバナナです。もはや自撮り棒にバナナを挟む意味が分かりませんが、失敗は成功のもと、トライしてみましょう!

 

 

 

 

f:id:yanyoko0924:20170208004514j:imageバナナ棒〜〜〜!!!

金属とプラスチックの人工物に、これでもかと挟まる天然のバナナ。このバナナたちも、フィリピンから来日してまさか自撮り棒に収まるとは思ってもいなかったでしょう。

しかし、ここで新たな発見が!

 

 

f:id:yanyoko0924:20170208004100g:plain気になってる。

なんとバナナ棒には犬を惹きつけるチカラがあることが判明しました。ひとつも視線を外そうとしません。野生同士のコミュニケーションが起こっているのでしょうか。

そこで「バナナの意志」を受け、犬を威嚇してみると、

 

 

f:id:yanyoko0924:20170208004134g:plainバナナ棒が犬に勝ちました。

これは犬がニガテな人にとって驚きの事実ではないでしょうか。

思わぬ発見があったため評価は以下の通りです。

 

<バナナ棒:★★★☆☆(星3つ)>

 

 

 

まとめ

f:id:yanyoko0924:20170208004535j:imageいかがだったでしょうか。今回の記事で自撮り棒の可能性を少しでも感じていただければ幸いです。

また、普通にスマホを挟んで写真を撮るだけでもメチャクチャ便利な道具だったので、これからも愛用していきたいと思います。

皆さまも、ステキな自撮り棒ライフをお送りください!それでは、さようなら。

 

 

 

 

 

f:id:yanyoko0924:20170208004539j:imagef:id:yanyoko0924:20170208004543j:imagef:id:yanyoko0924:20170208004546j:imagef:id:yanyoko0924:20170208004550j:imagef:id:yanyoko0924:20170208004554j:image

 

 

 

 

 

f:id:yanyoko0924:20170208004214g:plain

 

 

 

 

 

f:id:yanyoko0924:20170208004612j:imagef:id:yanyoko0924:20170208004617j:imagef:id:yanyoko0924:20170208004621j:image

 

 

 

 

 

f:id:yanyoko0924:20170208024828j:image

<薬物乱用防止ポスター棒:★★★★★(星5つ)>

 

 

おわり。

「旨いAlcoholの呑み方特集」の巻

 

 

 

これは、ある男の酒を巡った壮絶な物語である…。

 

 

 

f:id:yanyoko0924:20170202021239j:imagef:id:yanyoko0924:20170202020613j:imagef:id:yanyoko0924:20170202020617j:imagef:id:yanyoko0924:20170202020338j:imageこんにちは、最近大学デビューをしたヨコヤマです。

突然ですが皆さま、お酒、楽しんでますか?

 

古くより「百薬の長」として親しまれているお酒は、飲み方さえ間違えなければ、僕たちの気分を高め、楽しい夜を演出してくれます。

しかし、ただ単に飲めばいいのか?

そうではありません。仕事の後の一杯が格別なように、美味しい酒のためにはその日の苦労を経ることが非常に大切。それが結果的に「飲み」から「呑み」へのランクアップを可能にするのです。

 

というわけで今回は、お酒を最高に美味しく呑んでみたいと思います!

皆さま、メモのご用意を!

 

 

 

1.身体を動かそう!

さて、最初のステップは「身体を動かす」です。そこで、こちらに来てみました。

f:id:yanyoko0924:20170202020629j:imagef:id:yanyoko0924:20170202020634j:image八部公園プールです。近所にある、僕の家から徒歩2時間のプールです。(もちろん原付で行きました)

こちらは室内に温水のプールがあり、年中いつでも泳ぐことができます。また、一度入場料を払えば何時間でもいることのできる、スタバもびっくりのダベりスポットです。はじめに、ここで数時間泳ぎたいと思います。

なお、海パンはこのようなf:id:yanyoko0924:20170202105126j:imageカッコいいものを使用しました。水泳選手の友人から貰ったものですが、唯一の不安要素はその友人が以前性病持ちだったことでしょうか。


プールサイドでの撮影は控えたので、以下、イメージ画像でお送りします。

 

 

f:id:yanyoko0924:20170202023146j:image華麗なスタートを決めるヨコヤマ(八部公園プールは飛び込み禁止です)

f:id:yanyoko0924:20170202023148j:image自慢のクロールで差をつけるヨコヤマ

f:id:yanyoko0924:20170202023205j:image利用者と一緒に息ぴったりの演技を見せるヨコヤマ

 

 

さてこの八部公園、プール以外にも

f:id:yanyoko0924:20170202020650j:image大きな広場や

f:id:yanyoko0924:20170202020654j:image甲子園の予選が行われる野球場なんかがあります。身体を動かすにはピッタリの場所でした。

 

そして散々泳いだら、家でお昼ごはんに

f:id:yanyoko0924:20170202091036j:image牛丼スパゲティを食べました。牛丼の味がしました。

 

 

2.歌いまくろう!

さて、既に体力が限界ですが、さらに自らを酷使したいと思います。旨い酒のために!

そこで僕が次のステップに選んだのは

f:id:yanyoko0924:20170202092431j:imagef:id:yanyoko0924:20170202020702j:image音楽練習のスタジオで歌いまくる!ということです。物置の写真ではないですよ。

f:id:yanyoko0924:20170202020713j:image歌には大きな運動効果があるらしいので、ここで今からたくさん歌って、たくさん疲れたいと思います。

 

 

 

 

f:id:yanyoko0924:20170202091817j:image一曲できました、聞いてください。

 

 

 

3.旨い酒を飲むぞ〜!

耳に水を入れ、喉を潰して、ヘロヘロになった僕にもやっとこの時がやってきました。

f:id:yanyoko0924:20170202020717j:image

ネオンが輝くステキな夜、今回僕が選んだ呑みスポットは神楽坂です。

f:id:yanyoko0924:20170202020729j:image

今晩はこの友人たちとともに、神楽坂はしご酒レースに挑みたいと思います!皆の者、準備はよいか?

レディ………ゴー!

 

 

 

 

 

 

f:id:yanyoko0924:20170202020734j:imageカンパーイ!!!

f:id:yanyoko0924:20170202020738j:image飲め飲め飲め〜〜!!

f:id:yanyoko0924:20170202020741j:image一番デカイ島は、本州〜〜!!

f:id:yanyoko0924:20170202020752j:image大人に、ワイン〜〜!!

f:id:yanyoko0924:20170202020802j:imageまだまだまだ〜〜!!

f:id:yanyoko0924:20170202020807j:imageもう一丁〜〜!!

 

 

 

4.旨い!

さて、いかがだったでしょうか。僕はいま死にかけの状態でこの記事を書いていますが、少しでも楽しい雰囲気が伝われば幸いです。

皆さまも美味しいお酒を、愉快な仲間たちと共に、楽しんでみてください!

ちなみに僕は、

f:id:yanyoko0924:20170202020812j:imageなぜか下腹部がムズ痒くなってきたので、いまから病院に行ってこようと思います。

 

 

〜以下、お店の紹介〜

f:id:yanyoko0924:20170202020816j:image1軒目:クラフトビアサーバーランド

f:id:yanyoko0924:20170202020821j:image2軒目:神楽坂 龍公亭

f:id:yanyoko0924:20170202020826j:image3軒目:せつ

f:id:yanyoko0924:20170202020830j:image4軒目:アルティジャーノ 神楽坂

f:id:yanyoko0924:20170202103520j:image5軒目:エル ヌエーボ

f:id:yanyoko0924:20170202020851j:image6軒目:串揚げ串亭 神楽坂

 

 

※お酒は20歳になってから!